絵画・版画、稀少
シャガール リトグラフ
ホームシャガールMarc CHAGALLシャガール、Marc Chagall オフリトグラフ 「ダフニスとクロエー」
商品詳細

シャガール、Marc Chagall オフリトグラフ 「ダフニスとクロエー」

販売価格: 7,000円 (税込)

1977年
      題名:311. ラモンとドリュアースの夢
LAMON'S AND DRYA'S DREAMS

技法:オフセットリトグラフ
          
      サイズ:32x24cm

1961年のオリジナルの後、1977年ドイツで刊行れた作品、発行者は誉れ高いGeorge Braziller Inc.
オリジナルに遜色なく再現された作品です、

実際1961年の作品と並べて比較しても大きさ以外の違いを見つけるのは難しいくらいです。
もちろん、光沢の仕上げではありません....
(e-bay等でも2倍もしくはそれ以上の価格で販売されています)

*額の外寸:45x37cm(色はホワイトゴールドで四隅に細工があります)





◇場面の解説

二人の赤子(ダフニスとクロエー)はすくすくと育ち、田舎者と思えぬほどの器量よしに成長した。男の子が15歳、女の子が二つ下の13歳に達したある日、養父のドリュア〜スとラモ〜ンはそろって同じ夜に同じ夢を見ました。

その夢とは……”ドリュアースが赤子(クロエー)を見つけた例の泉の湧いている洞のニンフたちが、とても元気のよさそうな美少年にダフニスとクロエーを託している”…という夢であった。

その少年には肩に翼があり、かわいい弓と矢を持っている。
少年は一本の同じ矢で二人の体に触れると、「男の子(ダフニス)には山羊の群の、女の子(クロエー)には羊の群の世話をせよ」と、言いつけたのである。

この夢をみた二人は胸を痛めた……産衣から判断するに相当の身分が約束されてるように思われるのに、やはり牧人にならなければならないのかと思うとつらく悲しかった。

しかし、二人が神意によって命を救われた事を思えば、神々のお指図に従わざるを得ないだろうという結論に至ったのである。






Marc Chagall(1887-1985)
1875年 ロシア、ヴィテブスクに9人兄弟の長男として生まれる。
1900年 4年生の公立学校に入学。(同級生にオシップ・ザッキン)
1907年 サンクトペテルブルグの美術学校に入学。
1909年 レオン・バクストの美術学校で学ぶ。
1910年 パリに赴き以降5年間滞在。
1915年 母が病死。 ベラと結婚。
1923年 再びパリに戻る。
   ロシアではアバンギャルドな作品を制作したが、パリでは「愛」の表現へと変わる。
1941年 第二次世界大戦勃発、ナチスの迫害を避けアメリカへ亡命。
1944年 同郷の妻ベラがアメリカで病死。
1947年 パリへ戻る。
1950年 フランス国籍を取得。
1952年 ユダヤ人女性のヴァランテイーヌ・ブロッキーと再婚。
1960年 エラスムス賞を受賞。 当時の文化大臣でシャガールと親交のあったアンドレ・マルローはオペラ座の天井画を依頼する。
1964年 オペラ座の天井がを完成。
1966年 17点の連作「聖書のメッセージ」をフランス国家に寄贈。
1973年 シャガール、86歳の誕生日、ニース市に「国立マルク・シャガール美術館」が開館。
1985年 ニースに近いサン=ポール=ド=ヴァンスの墓地に眠る.....
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

シャガール、Marc Chagall オフリトグラフ 「ダフニスとクロエー」

販売価格: 7,000円 (税込)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス