絵画・版画、稀少
ボタニカルアート、リンデン
ホームアンテイーク、ボタニカルアートリンデン「The Elegant Laelio-cattleya,White Variety」 超破格値です!
商品詳細

リンデン「The Elegant Laelio-cattleya,White Variety」 超破格値です!

販売価格はお問い合わせください。
作家名: Jean LINDEN 、リンデン
題名:Laelio-Cattleya.413
リリース年:1889年(下の2番目の画像を参照、下の画像オリジナルテキストを添付致します)

技法:カラークロモリトグラフ

サイズ:36.5x27.7cm(ペーパー),    
額の外寸:シルバー→49.5x42cm、白→41,5x49cm
華やかです!

額縁はどちらかをお選びいただけます!







   



ベルギーの「蘭フィーバー」や「orchidelirium」Lindenia」は最高峰の蘭です!

ジャン·リンデンは、この驚くべき作品を発表:[図像DESオルキは1885と1894の間で、ベルギーに掲載されました。]

Lindeniaは最も美しい、高品質のカラープレートが特徴で、最も重要な出版物の一つです。
リンデンは、広範囲蘭の1100以上の種を発見し、栽培技術を学ぶためベルギーに留学した。彼は息子にブリュッセルで保育園を設立させ、Lindeniaを発表した。リンデンの研究成果は、欧州での蘭の栽培に革命をもたらしました。

chromolithographsはアルフレッド·グーセンと他数人、SevereynsとPannemaeker等によって史上最高の植物リトグラフのいくつかが作られました。


Jean Linden(1817-1898)

ジャン·ジュール·リンデン( 1817年ルクセンブルク生まれ - 1898年1月12日ブリュッセルで亡くなる) 、彼の書いている本の中で特に蘭に特化した、ベルギーの植物学者や探検家、園芸家や実業家だった。


ジャン·リンデンは1834年まで、ルクセンブルクのアテネロイヤルで学び、ブリュッセル自由大学の理学部に行きました。
ベルギー政府は、ラテンアメリカの探査のための学界からアプリケーションを招待したときに1835年にジャン·リンデンは名乗り出た。
その結果、ジャン·リンデン、ニコラスFunck (1816-1896) 、およびオーギュストGhiesbreght (1810-1893 )は、リオデジャネイロを目指し1835年9月25日にアントワープを離れ、 12月27日にブラジルに到着した。
彼らは、 1837年3月、、植物や動物を集め、ブラジルを去りベルギーに戻った。この旅行の結果、リンデンは「蘭」が生涯の最大の関心事となりました。



わずか6ヶ月後、 1837年9月に、同トリオはルアーブルを離れ、 12月にハバナに達した。チームは1840年までは、生きた動物や植物を集め、キューバとメキシコを探った。リンデンは、テルミノス湖付近で黄熱病の急性発作を起こした。


これらの遠征の中で、自然の生息地で蘭の成長条件を詳細に研究した。彼の調査結果は、欧州の条件の下で蘭の栽培に革命をもたらしました。研究前ははるかに低い生息率で、予想以上のはるかに高い温度に保たれていた。
リンデンのリードに続いて、英国の植物学者ジョン·リンドレーはまた、彼は植物を収集した生息地の詳細な観察をした。


ピーク時にロンドン、パリ、サンクトPetersburghに展示会で賞を受賞し、ブリュッセル、ゲント、パリに支店を持ち蘭の帝国を作成しました。


リンデンは、 1845年10月13日にルクセンブルクでアンナロイターと結婚した。 [ 1 ]彼の息子ルシアンは、最終的にすべての上の彼の営業上の利益を取って、ジャンの死の前後に蘭の本を出版した。



彼はIresineのlindenii (ヒユ科)に記念され、また、ラン科での胡蝶lindenii (ラン科)とPolyrrhizaのlindenii 、 。

学名を引用すると、この植物学者は、著者の略語リンデンと表記されている。



もう一つ、額を変えるとこんな感じに見違えるほど......

こちらの額にした場合の価格は2万4千円です(送料・税込)

額の縁幅、約10cm、重さ10キロ位あります!




他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

リンデン「The Elegant Laelio-cattleya,White Variety」 超破格値です!

販売価格はお問い合わせください。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス